サプリメント

アンチエイジングのサプリメント

活性酸素が体内で大量に作られるのはストレスを感じたときや紫外線を浴びたとき、またタバコを吸ったときなど。その活性酸素は、人間の体に良い面と悪い面とがあり、大量に発生すると、老化の進行、病気の原因となります。活性酸素の発生を抑制するものを抗酸化成分と呼び、今でも注目を浴びています。

コエンザイムQ10」は一般的に最も知られ、ブームの先駆けともなりました。コエンザイムQ10は体内で合成されるのですが、加齢と共に合成量が減少するため、食事によって補給しなければなりません。

同じくブームを巻き起こした「アルファリポ酸」も活性酸素から身体を守る役目を果たします。アルファリポ酸は、若返りビタミンといわれる“ビタミンE”の数百倍もあり、水溶性でも脂溶性でもあるため、体中のいたるところで作用することが可能という成分です。また、酸化した抗酸化物質を復活させるという特徴もあります。アルファリポ酸は、体内で酸化してしまったビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10、グルタチオンを再生します。

フランス海岸松から取れる樹皮抽出物は豊富なフラボノイドで活性酸素から身体を守る事が期待されています。40種類以上のフラボノイドが存在するのですが、中でも「プロアントシアニン」という成分が注目されています。プロアントシアニンは、他のフラボノイドに比べ、水への溶解性が高く、即効性があります。
フランス海岸松樹皮抽出物は、プロアントシアニンを中心とした多くの有機酸から構成される機能成分が働き、強力な抗酸化作用や、抗炎症作用、血管内一酸化窒素生成促進作用、コラーゲン・エスラチンとの結合作用をもたらします。これにより、活性酸素を除去し、肌の老化を防ぐと考えられています。

カロチノイドの一種「アスタキサンチン」は自然界で最高クラスの抗酸化作用を持つと考えられています。アスタキサンチンは、一重項酸素(紫外線を浴びたり、細胞でエネルギーが作られたときに発生する活性酸素の一種)を取り除く働きがビタミンEの数千倍、β-カロテンの数百倍にも及びます。活性酸素は身体の様々な器官を酸化してしまうのですが、アスタキサンチンは特に脂質の酸化を抑制する働きが強いのです。脂質の酸化は動脈硬化の原因ともなるため、アスタキサンチンの働きはアンチエイジングだけでなく、健康維持においても注目を浴びています。

[PR]抗酸化の水素水
posted by れいこ at 02:27 | アンチエイジング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。